« 2017年9月 | トップページ

2019年10月

2019年10月 6日 (日)

「瘋癲老人日記」を楽しむために(後篇)

後篇目次

  • その4 颯子のおねだりした宝石は現在なら数千万円
  • その5 口述筆記で書かれた小説、しかし……
  • その6 本当に取っていた足の拓本
  • その7 著者本人が出演したラジオドラマ

その4 颯子のおねだりした宝石は現在なら数千万円

作中、颯子がシャワールームで老人にネッキングを許した代償として、「三百萬圓」の猫目石(キャッツ・アイ)をねだる場面がある。冗談じゃないと老人は焦るが、結局颯子に言いくるめられて買ってやる破目になる。

さてこの300万円、今の感覚でも十分な大金だが、昭和36(1961)年はサラリーマンの平均年収が30万円という時代だったわけで、平均的な勤め人の年収10年分。つまり、ざっと現代に置き換えると約4000万円相当というとんでもない金額なのである。

実は本作が発表される4年前の昭和32(1957)年、当時の岸信介首相がシンガポール滞在中に200万~400万円もの高価なセイロン産猫目石を土産に買ったことが新聞で報じられ、それを税関では4万円と申告していたことが批判されて諷刺画になったり、翌年4月には国会でも追及されるという事件が起こっている。

その事実を考え合わせても、いくら資産家とはいえ一介の金持ち老人に過ぎない卯木督介に300万円(現在の4000万円)の指輪をねだるのも、それでポンと金を出して買ってやるのも、いかに現実離れした無茶苦茶な行動であるか分かるはずだ。

だいたい、その前に督介老人は娘の陸子(くがこ)から住宅購入資金として2万円ほど貸してほしいと頼まれたのを、あれこれ理由を付けて断っているのである。実娘には2万円すら貸さないのに、息子妻には300万円の指輪を買う男。どう考えても狂っている。

それにしても300万円は1つ桁が多いのではないか、と首をかしげたくなるが、谷崎というのは基本的に金銭感覚のおかしい人で、小説「痴人の愛」でも主人公のサラリーマンを異様な高給取りに設定してしまった前科があるので、まあそんなものか、と納得するしかないかもしれない。

その5 口述筆記で書かれた小説、しかし……

Cci20180910_00049_

病気で右手の痛みに苦しんでいた晩年の谷崎は、執筆や手紙などを助手に代筆させることがあったが、この「瘋癲老人日記」も口述筆記による作品である。熱海の自宅「雪後庵」の書斎で、あるいは熱海ホテルの一室で執筆は行われた。が、助手役を務めていた中央公論社の編集者である伊吹和子の手記『われよりほかに』によれば、谷崎の気まぐれと我儘ぶりは度を越したものであったという。

ある日突然、「もう明日から来なくていい、今すぐ東京へお帰りなさい。あなたよりずーっと優秀な人見つけましたから!」と追い払われる。何も身に覚えがないのに……と伊吹氏が怪訝に思っていると、数日後に「丸善で消しゴムを買ってきてくれません? そ、そりゃ熱海にだって消しゴムくらいありますけどね、丸善の方が綺麗に消えるんじゃないかなって」と、谷崎から電話。仕方なく消しゴムを買って東海道に乗って熱海へ行くと、ケロリとした顔の谷崎がいて何事もなかったかのように口述筆記が再開される。原稿は自分が追い出された時から一文字も進んでいない様子……。

こんなことが完成まで何度も繰り返され、その都度何人か助手候補が入れ替わり立ちかわり現れたが、結局伊吹氏のように谷崎の横暴に耐えて口述筆記の「機械」役に徹することのできる人はいなかったらしい。「先生からの苦情は、私が真面目に命令を聞き過ぎるのが癪の種だったり、誤字がなさ過ぎて叱る理由がなく、退屈だったりで、要するに駄々っ子のような理由ばかりであった」(『われよりほかに』p.352)。ちなみに、谷崎が癇癪を起こした数日後に彼女を東京から呼び戻す口実としては、「消しゴム買ってきて」のほかに赤鉛筆、糊、スコッチの粘着テープなどが使われたようだ。

その6 本当に取っていた足の拓本

72

京都で自分の墓石選びをする督介老人が、颯子の足裏を拓本にとって仏足石を作りたい、死後もずっと踏まれていたいと願う場面は本作のクライマックスであるが、なんと谷崎は女性の足裏拓本を実際に取っている。ただし、その最初の相手は千萬子ではなくヨシさんという女中であり、千萬子の拓本を取ったのは作品執筆後のことだった。

最初に拓本を取ったのは「瘋癲」が書かれる10年ほど前のこと、熱海の母屋から少し離れた仕事場で女中のヨシさんの足型を取った。伊吹和子『われよりほかに』にこの時の様子が描かれているが、女性の足裏にタンポで朱墨を塗って色紙に型を取るやり方など、「瘋癲」の場面さながらである。これが谷崎の単なる気まぐれだったのか、それとも来るべき小説のための実験だったのか、今となっては分からない。

一方、ヒロイン颯子のモデルとされる渡辺千萬子の足型をまず取ったのは、連載開始翌年にあたる昭和37年12月のことだ。千萬子は室内履きとして刺繍つきの中国靴を好んでいたが、谷崎が新しいのを特注で買ってあげるから足型を送るように指示、その後「私が戴いておきたい」と言い出して(普通に考えたらものすごく意味不明な要求だが)まんまと自分のものにしてしまう。

そして、さらに翌昭和38年8月、作中さながらに谷崎は千萬子の足裏から仏足石のための拓本を取る。その時の喜びは書簡(『谷崎潤一郎=渡辺千萬子書簡集』)の中でこのように書かれている。

「先日は梅園ホテルで二日間も他人を交へずお話を聞くことが出来いろいろ教へていたゞくことが出来ました。こんな嬉しいことはありませんでした、一生忘れられません、これから後もあゝ云ふ機会を与へて下さつたらどんなに貴重な刺戟になるか知れません、おかげで当分創作熱がつづくと思ひます 殊にあなたの仏足石をいたゞくことが出来ましたことは生涯忘れられない歓喜であります 決してあれ以上の法外な望みは抱きませんから何卒たまにはあの恵みを垂れて下さい」(昭和38年8月21日)

その7 著者本人が出演したラジオドラマ

1051

谷崎が生前に自ら作・演出し、主役として出演したラジオドラマ版「瘋癲老人日記」というものがある。朝日放送とTBSラジオの共同制作により、1962(昭和37)年5月、全3回放送された。卯木督介役を谷崎、颯子役を淡路恵子が演じており、音楽は武満徹。

当然ながら谷崎は素人なので、おじいちゃんの棒読み朗読を延々と聴かされることになる。他は皆プロの俳優だから、会話の掛け合いとなるとそれはシュールで、役者集団の中にボケたおじいちゃんが一人だけ紛れこんでしまった感がある。しかしこの絶妙なシュールさには中毒性があり、ハマると私のように音源をiPadに入れて持ち歩くようになるから注意が必要だ。

なお、文芸誌「新潮」2011年5月号の特別付録として復刻CD化されているので、聴いてみたい人は中古市場で探してみてください。知人に勧めたら「悪夢に出てきそうだ」と言われましたが。

2019年10月 3日 (木)

「瘋癲老人日記」を楽しむために(前篇)

谷崎潤一郎の小説「瘋癲老人日記」をさらに楽しく味わうための作品背景7つを紹介する。読んだ人も、これから読む人も、鑑賞のお供にぜひどうぞ。

前篇目次

  • その1 ヒロインには実在のモデルあり
  • その2 『谷崎潤一郎=渡辺千萬子往復書簡』は最高の副読本
  • その3 インスピレーションの宝庫だったバーベキュー

51xr6w38xzl_sx328_bo1204203200__20191003193701

その1 ヒロインには実在のモデルあり

卯木督介(うつぎ とくすけ)老人が執心する、若く美しい息子の妻颯子(さつこ)にはモデルが存在する。渡辺千萬子(ちまこ)という女性で、谷崎から見ると義理の妹の息子の妻という関係にあたる(詳細は注を参照)。

千萬子は橋本関雪の孫娘に当たるお嬢さんで、同志社大の英文科出身のインテリ風の女性だった。結婚当初の4年間は谷崎が京都に建てた潺湲亭(せんかんてい)で同居することになる。600坪の庭のある純和風の豪邸だが、幼少期に3000坪の白沙村荘という豪邸に住んでいた彼女はケロリとしており、きっと姑たちには生意気な小娘と思われただろうと本人が書いている(『落花流水』)。谷崎は初対面の彼女に「ちょっと意地悪そうな娘」という印象を持ったようだが、利巧で当意即妙の会話に惹かれ、彼女の現代的なファッション(パンツスタイル)や、休日にスキーやバーベキューを楽しむライフスタイルなどにも興味津々で千萬子が大のお気に入りになる。

「僕は君のスラツクス姿が大好きです、あの姿を見ると何か文学的感興がわきます、そのうちきつとあれのインスピレーシヨンで小説を書きます」と谷崎は昭和34年の手紙で宣言しているが、その2年後の昭和36年、「瘋癲老人日記」という形でまさに作品化することになる。

Cci20180623_00045_

その2 『谷崎潤一郎=渡辺千萬子往復書簡』は最高の副読本

こうなると実際のモデルとの関係が気になって仕方がないだろうが、二人が交わした手紙は大量に残されており、『谷崎潤一郎=渡辺千萬子往復書簡』(中公文庫)として出版されている。これがメチャクチャに面白く、「瘋癲老人日記」以上の傑作とすら言う人もいる。この書簡集を読めば、二人は実際どのような関係だったのか、千萬子はどんな人だったのか、現実の人物やエピソードがいかに変形されて創作物となるかがよく分かる。

51sj3pnwnhl_sx351_bo1204203200_

まず、谷崎は小説の督介老人と同じかそれ以上に気持ち悪い。「君のスラツクス姿が大好き」と嫁にデレる疑似舅も大概だと思うが、君は美人だ、崇拝してます、写真送ってくれないかな、撮影費用は僕が出すから、みたいなことを何度も書いている。

そんな往復書簡中でも選りすぐりのキモレターを紹介しよう。

「今度十二畳の座敷を西洋間に直し龍村の布を用ゐてちよつと豪華なソフアベツドを作りました あまり立派に出来たので下らない客に寝てもらひたくない気がしてゐます そして最初にこの上に寝る人は君であつて欲しいと思つてゐたのでした (略) 君が「お初」をしてくれる迄はこのベツトには誰も寝かせたくありません」(昭和36年7月18日)

この続きの手紙でも、今度誰それが泊まりに来るが絶対君より先には寝かせないぞ、などと書いている。文豪でなければただのセクハラ老人である。

谷崎は千萬子の美貌や知性を絶賛し、老いた自分を指導鞭撻してくれるブレインとして崇拝していた。

「私の死後は勿論ですが生きてゐるとしても次第に耄碌がはげしくなり あなたの智慧や監督にたよらなければ一枚の原稿も書けないやうになるでせう
私は私の崇拝するあなたに支配されるやうになることを寧ろ望んでゐる者です 近いうちにきつとさう云ふ時が来ます」(昭和34年2月16日)

それに対して千萬子は、少なくとも小説の颯子よりはずっと常識的な人物であり、あんなあくどいことはしていない。ただ、頭が良くしたたかな女性だったことは確かで、自分が谷崎にどう思われていてどう振る舞えばベストかということをしっかり把握していたようだ。何でも買ってあげるよ、お小遣いもあげるよと甘やかす谷崎から貰えるものはちゃんと貰っていたし、家計が苦しくなると金を借りたりもしている。谷崎からの熱烈なラブレターめいた文面には深入りせずさらっとかわす一方で、文豪の期待に応えるために、「そんな時には私はきっと意地悪になってゐるでせう。私が意地悪なのは私を意地悪だと思ってゐる人に対して余計はげしくなるのだと思ひます」(昭和34年2月18日)、「私は男の子(夫清治の会社の若い男性社員のこと)を手なづけるのがうまいのださうです」(昭和37年8月15日)と、悪女めいた自己演出をしてみせる。

その3 インスピレーションの宝庫だったバーベキュー

「瘋癲老人日記」にちらりと登場するバーベキューのシーン。作中ではシャワー事件の間に挟まれた場面に過ぎないのだが、実際の谷崎は千萬子一家のバーベキューの光景から大いにインスピレーションを得ていたらしい。まず、明治生まれの爺さんから見ればバーベキューなどというアメリカンで開放的な風俗が物珍しい。ヒマワリやダリヤの花咲く花壇と芝生のある庭に集う人々、ジュージュー焼ける肉の匂い、その間をトレアドルパンツ姿で動き回る千萬子。それは着物を着て家の奥へ引っ込んでいた旧世代の「良妻」イメージとはかけ離れたものであり、谷崎はここから妄想を膨らませたのだろう、と千萬子本人が『書簡集』内のエッセイで分析している。また、バーベキューの後は汗や匂いを流すため皆でシャワー(当時の家庭では新しい設備で、今と違いどこの家にもあるわけではなかった)を使っていたが、それも谷崎は面白がって観察していたようで、ここから「瘋癲」のシャワーシーンが生まれたのだろう。

33

(後篇その4~その7は次回に続く)

注:谷崎周辺の人物関係はややこしいが詳細を説明しておく。谷崎の3番目の妻である松子夫人には前夫との間に清治という息子がおり、谷崎から見ると妻の連れ子。また松子夫人には渡辺重子という妹がおり、夫に早く先立たれて子供がなかったので清治は重子の養子となる。その清治と結婚したのが千萬子。だから千萬子は谷崎のことを「伯父様」、子供が生まれてからは「おじいちゃん」と呼んでいた。こうした現実のややこしい関係を取り払い、小説ではシンプルに舅と嫁という関係に落ち着いている。

劇団印象-indian elephant-公演「瘋癲老人日記」

病に苦しむ77歳の卯木督介(うつぎ とくすけ)老人が、若く美しい息子の妻颯子(さつこ)に執着し耽溺していくという、谷崎潤一郎の小説「瘋癲老人日記」を原作とする劇団印象の舞台公演

鈴木アツト演出の今回の舞台では、ヒロインの颯子を5人の女優(落合咲野香、杉林志保、松田珠希、宮山知衣、山村茉莉乃)が演じる。彼女のモチーフである真紅のドレス、もしくは半裸にバスローブをまとって、場面が切り替わるごとに異なる女優が登場することもあれば、舞台のあちらこちらから「おじいちゃん」「おじいちゃん」と呼ぶ声が響くこともあり、督介老人の身体に痛みが走り神経が昂ってくると、5人の颯子が一斉に彼を取り囲んで幻惑する。

しかも、5人の女優が演じる対象は颯子だけではなく、住み込みで老人の世話をしている佐々木看護婦、回想の中の在りし日の母親や乳母、さらには老人が日々恐怖するところの「死」そのものにまで及ぶ。さらにもう1人の女優(吉岡あきこ)は颯子は演じない代わりに妻(婆サン)を演じるほか、看護婦、母、乳母、死の役に加わる。黒衣の「死」たちと一緒に、「もういいかい」「まあだだよ」の掛け声で「だるまさんが転んだ」遊びをするという、明るく残酷な冒頭の場面は原作に存在しないものだが、死を遊戯化することで恐れつつ愉しむという本作の基調にかなったものだろう。老人にとって颯子は、魅力的な恋人であると同時に色香でたぶらかし金品をたかる悪女でもあり、甘えを許してくれる母/支配的で厳しい母、神聖な弥勒菩薩/汚れた娼婦、と多面的な顔に映り妄想の中で混濁しているのであるが、5人の女優が演じる颯子はそうした万華鏡的なヒロイン像を表現することに成功していると感じた。

督介老人を演じるのはベテラン俳優の近童弐吉だが、これに岡田篤弥が「若い男」を象徴する役で配置されていたのが面白い。これまた1人の俳優が、颯子の夫浄吉(じょうきち)、彼女と仲のよい従兄弟の春久(はるひさ)を演じるのだが、しばしば督介老人の台詞にまでも乗り込んで来るのだ。あたかも老人の精神が2つに分裂し、若者としての卯木督介というアルターエゴが出現したかのように。時には快活でエネルギッシュな「若い男」が老人の立場を乗っ取り、老人は操り人形に過ぎないように見えることもある。春久が黒人の仮面を付けて大袈裟な身振りで登場した点は一見分かりにくく感じたが、そもそも颯子と春久がただならぬ仲になっているのではないかと考えて(被虐的快感に浸って)いるのは老人の妄想であり、すると春久はその役割にふさわしい男性的魅力を誇張した仮面の姿であるべきだということか(ただ、これは颯子が映画「黒いオルフェ」の黒人俳優や黒人ボクサーの魅力を饒舌に語る原作の長台詞をふまえていれば分かるが、舞台の省略された台詞のみで観客がそこまで読み込むことは難しいのではないか)。いずれにせよ、原作小説においてもこれまで各種の映像化やラジオドラマ化においても、今ひとつ影の薄かった寝取られ男の浄吉と当て馬の春久が、演出次第でこのように存在感を発揮できるというのは大きな収穫だ。

「瘋癲老人日記」とは結局のところ、死の恐怖を楽しく克服するための実験小説(※作者自身の実生活での身体を張った実験も含む)だと私は考えているが、本上演はジェットコースターのようなスリルと楽しさにあふれた舞台だったと思う。そもそも「瘋癲」は、今朝ハ(血圧)一八〇・一一〇。プルス百。看護婦ニスヽメラレテセルパシール二錠アダリン三錠飲ム」といった無味乾燥な闘病記録と、颯子の足を舐めて興奮したというような話が同時に書かれているクレイジーな日記。それらがクロスオーバーする(足を舐めて興奮したら血圧が最高値を更新!)ところは壮大なギャグであるわけで、舞台でもためらうことなく渾身のギャグシーンとして表現されていた。颯子の足型から作った仏足石の下で眠ることで死後も永遠の快楽のうちに生きられるというラストに至っては、アブノーマルな特殊性癖の話を聞かされていたと思ったのに、いつの間にか人間が不死の超人へと進化する瞬間に立ち会ったような、謎の感動すら呼び起こすものである。

Ef3udnhx0agrtoj

[上演データ]
劇団印象-indian elephant-公演
日程:2019年10月2日(水)~6日(日)
会場:下北沢・小劇場B1
原作:谷崎潤一郎
構成・演出:鈴木アツト
CAST:近童 弐吉、落合 咲野香、杉林 志保、松田 珠希、宮山 知衣、山村 茉梨乃、吉岡 あきこ、岡田 篤弥

« 2017年9月 | トップページ

フォト

ブログ管理人

  • 坂本葵 | Aoi SAKAMOTO

リンク

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アマゾン