« 2016年11月 | トップページ

2017年9月

2017年9月 3日 (日)

谷崎潤一郎「天鵞絨の夢」(3) 作品のモデル

10/22の朗読会に向けて、谷崎潤一郎「天鵞絨の夢」や朗読会情報をお伝えする記事、第3弾です。
今回は、本作の登場人物のモデルである、上海のハードン夫妻について書きます。

24

実在のモデル?

第1弾の紹介記事であらすじを読んだ方はご存知の通り、「天鵞絨の夢」は耽美主義的で怪奇幻想風の物語です。

何しろ、富豪の温秀卿とその妻妾の「女王」が、湖のほとりの人工楽園のような豪邸に住み、人さらいの手から美少年や美少女を贖っては監禁同然の奴隷にしているわけですから……。

このインモラルな温夫妻に実在のモデルがあったというと、驚く人が多いかもしれません。

長い間、「天鵞絨の夢」における中国趣味には、大正7年の中国旅行の影響が顕著でありながらも、小説の内容自体は谷崎の自由奔放な空想の産物だと考えられてきました。

しかし、どうやら谷崎はここから着想を得て参考にしたに違いないというモデル人物が、最近の研究で明らかになっているのです(林 茜茜「谷崎潤一郎が中国へ投射したもの : 「天鵞絨の夢」を視座にして」『比較文学』 59, 96-110, 2016)。

ハードン夫妻

そのモデルと目されているのがハードン夫妻、ユダヤ人のサイラス・アーロン・ハードン(Silas Aaron Hardoon, 1851-1931)と、その妻で中国人のリーザ(Liza Roos, 1864-1941)です。

Silas_aaron_hardoon_2

ハードンは20世紀初頭の上海で活躍したユダヤ人不動産王。

オスマン朝の首都バグダードの貧困家庭に生まれ、のちムンバイで育ちます。

一家で上海に移住、英国系大財閥の一つサッスーン商会に雇われたところすぐさま頭角を現し、阿片貿易などに従事し莫大な利益を上げました。

1883-85年の清仏戦争中に不動産投資に大成功。

1901年には自社商会を設立し不動産王の名をほしいままにします。

清朝の皇族に近づき、革命後は新政権の有力者と親交を深めるなど、時の権力者との結びつきにも抜かりなく、アジアのみならず世界有数の大富豪となりました。

020170804195034_3  

妻のリーザ・ルースは、フランス人の父と中国人の母の間に生まれた女性。

敬虔な仏教徒でしたが派手好きで、宝石類のコレクションなど豪奢な生活を好む人だったようです。

この二人が、上海租界の富豪である温秀卿とその妻(あるいは妾なのか作中では曖昧ですが)のモデルに当たるのではないか、というわけです。

多くの孤児を養子に

ハードン夫妻には実の子供がなく、二人は1904年頃から中国人、ユダヤ人、白系ロシア人などの孤児たちを次々と養子にして引き取りました。

その数は総勢20名にも上ります。

このことは「天鵞絨の夢」を読んだ人ならピンと来ると思いますが、「上海あたりで生れた日本人、支那人、印度人、猶太人、葡萄牙人」と、さまざまな人種の中から容貌の優れた子供や若者を買い取り、奴隷にしていた温夫妻という設定の発想源となった可能性が高いのです。

もちろん、実在のハードン夫妻が養子たちを奴隷扱いし虐待していた、などというわけではありません。

富豪が多様な人種の子供たちを養子にして……という事実が、谷崎の創作心を刺激し、そこに独特の空想を加えた結果「少年少女の奴隷」という創作に至ったのではないか、ということです。

ハードン・ガーデンと西湖の別荘

1909年、ハードン夫妻は上海に豪華な庭園つきの邸宅を完成させます。

庭園には妻の名を一字取って「愛儷園」と名付けられました。

園内には風雅な名前の付けられた山や池、塔や楼閣や東屋などがあり、地元の人々は「哈同園」(ハードン・ガーデン)という愛称で呼んでいました。

1919年刊行の日本語ガイドブック『上海案内』にも、この庭園のことが名所として紹介されています。

Ailigardenstonepagodainline1

夫妻はまた、杭州の西湖にも「羅苑」という別荘を持っていました。
しかし、西湖の景観を乱す形で建てられたこの白亜の豪邸は、世間から非難の的となり、ハードン夫妻が実際に住むことはほとんどなかったといいます。

これらの事実は、「天鵞絨の夢」の設定に直接関わってきそうな事実です。
先に挙げた研究論文の林氏によれば、谷崎が中国旅行に行った1918年はちょうど羅苑の是非が議論されていた時期であり、現地でこの話題を耳にしたり、実物を見た可能性は非常に高いとしています。

なお、谷崎の後を追うようにその三年後中国旅行に出かけた芥川龍之介は、「江南游記」(1922)の中で羅苑とおぼしき建物に言及し、「金持の屋敷らしい、大きいだけに俗悪な」とにべもなくけなしています。

モデルから創作へ

こうして実在のハードン夫妻の生活と「天鵞絨の夢」を見比べてみると、谷崎が彼らを小説のモデルにしたのではないかという林氏の説には、相当な説得力があります。

そして、もし事実その通りだったとすれば、谷崎は非常に面白いやり方で現実の人間を変形し、途轍もない奇想を加えてあの幻想怪奇譚を作り上げたということになるでしょう。

おそらくハードン夫妻は、自分たちが日本人作家による小説のモデルにされているなど知る由もなかったでしょうが、それは言ってみれば大正期だからできたことであり、現代のような情報化社会において果たして同じことができるだろうか……と考えてみると、なかなか興味深いものがあります。

10/22朗読会では、第一部の朗読劇のあと、第二部のトーク「谷崎潤一郎の人工楽園」でこういった解説もいたします。

ぜひともお運びくださいませ。

-----------------------

朗読会「天鵞絨の夢」

06

水辺に建つ白亜の館、それは綺想の楽園にして「女王」の魔睡の褥だった――

第一部:朗読劇『天鵞絨の夢』より「第一と第二の奴隷の告白」(鏡谷眞一)
第二部:トーク「谷崎潤一郎の人工楽園」(坂本葵)

10/22(日) 17:00-19:00
猫々文庫(東京都杉並区)
料金1500円、抽選申込制、定員15名

※申し込みはこちらから(Googleフォームが開きます)

-----------------------

新装復刊『天鵞絨の夢』

この朗読会に合わせて、谷崎潤一郎『天鵞絨の夢』(大正9年天佑社)を、個人出版(藍色手帖)にて新装復刊しました。

_1

A5並装112頁、解説付き。表紙はG.バルビエの挿絵を元に新制作しました。

当日の会場にて(定価1000円)、もしくはクラウドファンディング経由で入手できます。

ご来場予定のない方には、郵送も選べるクラウドファンディングがお勧めです。

2017年9月 2日 (土)

谷崎潤一郎「天鵞絨の夢」について(2)

20170902_014233

10/22の朗読会に向けて、谷崎潤一郎「天鵞絨の夢」や朗読会情報をお伝えする記事、第2弾です。

今回は朗読会のこと。演出や稽古の舞台裏について紹介します。

作品研究

まずは作品を徹底的に読み込み、研究するところから始まります。

『谷崎潤一郎全集』(中央公論社刊)を底本として「天鵞絨の夢」原典を精読。

本作は大正8年11月~12月にかけて朝日新聞に連載されたのですが、その連載初出時と、のちに単行本化したときの文章にはかなりの異同があります。
こういう細かい点も逐一チェック。

20170902_150833

そして、「天鵞絨の夢」について書かれた研究論文にも目を通します。

そのほか、オリエンタリズムやマゾヒズムなど本作の主題に関係するあらゆる文献。

こういった資料は演出の私(坂本)だけでなく、出演者の鏡谷さんにも送って読んでもらっています。

20170902_151229

演出プラン

「天鵞絨の夢」は未完作品であるため、現行のテクストを一字一句そのまま朗読するわけにはいきません。

そこで、設定に難があるとされる発端(プロローグ)部分は適宜脚色する代わりに、少年と少女奴隷の物語を原典通り忠実に読んでいく方針にしました。

奇妙な閉鎖空間に置かれた、少年と少女との切なくも美しい恋の物語をどう表現するか?

様々なアイデアを出しつつ、役者とも話し合いながら決めていきます。

壮大で複雑な構造の館を舞台にした物語なので、こんな風に見取り図や人物関係図のメモを作ることも……。

20170902_014233_

万事が順風満帆とは行きません、私が徹夜で書いた脚色台本を一瞬で却下されたこともあります(苦笑)。


朗読の稽古

役者は毎日自主稽古をしていますが、私と実際に対面できる機会は限られているため、やりとりは遠隔稽古がメインです。

鏡谷さんに読んでもらった録音音声を聞き、抑揚や間合いなどを坂本が細かくチェックして指示を出します。

20170902_010737

指示の内容は、各パートの朗読にかかる時間をストップウォッチで測って「ここは間合いを3割減に」とか「××分以内に収めてください」といった数値的なものもあれば、
「焦燥感が足りてないです」
とか、
「もうちょっと春琴抄の佐助みたいな感じにできませんか」
とみたいなことも要求します。

もちろん、鏡谷さんの方から「ここはこうしたら」という相談や提案をもらうこともあります。

考えて、話し合って、実際やってみて……。とにかくこの試行錯誤の繰り返しですね。

照明、音響、衣裳、小道具など

朗読なのでいわゆる「演劇」とは少し違いますが、ただ何の工夫もない一室に椅子だけを置いてやればいい、というものではありません。

照明や音響には工夫をこらす必要があり、衣裳や小道具なども揃えなければなりません。

骨董屋や蚤の市などへ行き、中国風のものを探してきます。

20170902_15374820170902_154754

 

おわりに

このように日々稽古をしたり、公演のための準備を進めております。

「へぇ、朗読会ってこんな感じでやるのか」というイメージを持って頂けましたら幸いです。

ご興味のある方は、ぜひ10/22の公演へお運びくださいませ。

-----------------------

朗読会「天鵞絨の夢」

水辺に建つ白亜の館、それは綺想の楽園にして「女王」の魔睡の褥だった――

第一部:朗読劇『天鵞絨の夢』より「第一と第二の奴隷の告白」(鏡谷眞一)
第二部:トーク「谷崎潤一郎の人工楽園」(坂本葵)

10/22(日) 17:00-19:00
猫々文庫(東京都杉並区)
料金1500円、抽選申込制、定員15名

※申し込みはこちらから(Googleフォームが開きます)

-----------------------

新装復刊『天鵞絨の夢』

_1_2

この朗読会に合わせて、谷崎潤一郎『天鵞絨の夢』(大正9年天佑社)を、個人出版(藍色手帖)にて新装復刊しました。

A5並装112頁、解説付き。表紙はG.バルビエの挿絵を元に新制作しました。

当日の会場にて(定価1000円)、もしくはクラウドファンディング経由で入手できます。

ご来場予定のない方には、郵送もできるクラウドファンディングがお勧めです。

谷崎潤一郎「天鵞絨の夢」について(1)

06

谷崎潤一郎「天鵞絨の夢」(大正八年)は、中国を舞台とする怪奇幻想文学です。

このたび、文豪カフヱ「谷崎潤一郎びより」にて、10/22(日)に役者の鏡谷眞一さんをお招きして朗読会を開くことになりました。

そこで、この作品の魅力や朗読会情報についてお伝えしていきたいと思います。
本記事はその第1弾です。

「天鵞絨の夢」とは

杭州・葛嶺山麓の湖のほとりにそびえる白亜の家。

はるばる日本からやって来て杭州を旅する「私」は、それは温秀卿という上海の富豪の別荘だと教えられるが、実はその邸は、温氏とその妻である「女王」が数多の奴隷を「歓楽の道具」として弄んでいる魔窟だった――。

この露見が発端となり、邸から脱出できた少年少女の奴隷たちが次々と秘密を告白してゆき、温氏夫妻の世にも不思議な頽廃的生活と、まるで人口楽園のごとくきらびやかな悪の城の機械仕掛けが明らかにされていく。

「まるでお伽噺にあるやうな宮殿だの庭園だのを包んで居るあの白壁の家の秘密――それを詳しく話したら、恐らくアラビアン、ナイトのやうな奇妙な物語が出来上るに違ひない」(本文より)
とあるように、谷崎が目指したのは、大正版中国趣味のアラビアン・ナイトだったのでしょう。

ユートピアともディストピアともつかぬ人口楽園という意味では、江戸川乱歩の「パノラマ島奇譚」の先駆的存在でもあり、谷崎らしい異国趣味と妖しさに満ちあふれた小説です。

美しき未完作品

しかしながら、実はこの「天鵞絨の夢」は未完作品なのです。

草稿段階でのタイトルは「十人の奴隷の告白」で、十人もの奴隷たちに順番に語らせ、その断片をつなぎ合わせることで館の途方もなく壮大な秘密が明らかになる、といった展開を構想していたようです。

けれども三人目の奴隷の告白を書き終えたところで中断してしまい、谷崎が結局この作品を完成させることはありませんでした。

未完作品ということで、谷崎文学の中ではマイナーな部類に属する小説で、あまり多くの人に読まれてはいません。

ですが、完結していないという点や設定上の瑕疵を脇に置き、三人の奴隷たちの告白だけを読めば、まるで宝石の原石のように美しく、水と鉱物質系の綺想に満ちた幻想小説だということが分かります。

とりわけ、「第一の奴隷」とである美少年と「第二の奴隷」の美少女の物語が、青い水と光の煌めきに満ちていること!

6dbd9984911b9d35e9ba8ac2a9d9be15_s

「女王」と呼ばれ館に君臨している温氏の妻は、水底がガラス張りになっている池をこしらえ、そのガラスの下に秘密の洞窟を持っています。

このことは夫にすら内緒で、お気に入りの美少年奴隷を侍らせて阿片を吸って愉しむための隠れ家にしているのですね。

洞窟の外の世界を全く知らない少年奴隷は、無垢な心で女王を崇拝しています。

Cci20170805_00002_

一方で女王は、池の中でこれまた寵愛している美少女の奴隷を泳がせ、その姿を眺めて愉しんでいます。

問題は、ある日とうとうガラス越しに、水中で泳ぐ美少女と地下洞窟の少年が出会ってしまったことです。

一目見て惹かれ合い恋に落ちた二人ですが、厚いガラスの壁と水に阻まれて、お互いに触れることも名前を聞くことすらもできません。

この透明な壁に隔てられた少年と少女の恋が何とも美しく痛切なのです。

朗読会という試み

そこで、今回の朗読会では、この少年と少女の語りである「第一・第二の奴隷の告白」を中心に据えることにしました。

設定に難があるとされる発端(プロローグ)部分は適宜脚色する代わりに、少年と少女の物語を原典通り忠実に読んでいきます。

朗読を担当するのは、役者の鏡谷眞一さんです。

オスカー・ワイルドやダンヌンツィオなどの世紀末耽美文学、サイレント映画に造詣の深い鏡谷さん。きっとこの「天鵞絨の夢」の妖しくメタリックな美しさを引き出しつつ読んでくれるに違いありません。

2時間の朗読会のうち、第一部の朗読劇は1時間強、残りの1時間弱が第二部の解説「谷崎潤一郎の人口楽園」(坂本)となります。

谷崎作品の朗読はこれまでに数あれど、「天鵞絨の夢」の朗読という初の試み。

どうぞ皆様、この朗読会へお運びくださいませ。

-----------------------

朗読会「天鵞絨の夢」

水辺に建つ白亜の館、それは綺想の楽園にして「女王」の魔睡の褥だった――

第一部:朗読劇『天鵞絨の夢』より「第一と第二の奴隷の告白」(鏡谷眞一)
第二部:トーク「谷崎潤一郎の人工楽園」(坂本葵)

10/22(日) 17:00-19:00
猫々文庫(東京都杉並区)
料金1500円、抽選申込制、定員15名

※申し込みはこちらから(Googleフォームが開きます)

-----------------------

新装復刊『天鵞絨の夢』

_1
この朗読会に合わせて、谷崎潤一郎『天鵞絨の夢』(大正9年天佑社)を、個人出版(藍色手帖)にて新装復刊しました。

A5並装112頁、解説付き。表紙はG.バルビエの挿絵を元に新制作しました。

当日の会場で(定価1000円)、もしくはクラウドファンディング経由で入手できます。

ご来場予定のない方には、郵送も選べるクラウドファンディングがお勧めです。

« 2016年11月 | トップページ

フォト

ブログ管理人

  • 坂本葵 | Aoi SAKAMOTO

リンク

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アマゾン