« 昭和レトログッズ | トップページ | からくり人形師アウグスト・エッシェンブルク »

2014年5月27日 (火)

脳波実験@理研

近所の病院が、近未来SFっぽくてかっこいい。
ロボットのドクターにピコピコ診察されそうな雰囲気。

Rimg00132

ところで、現在STAP細胞の件で世間を騒がせている理研ですが、わたし学生時代に二度ほど行ったことがあるんです、和光市の研究所に。
いわゆる科学実験の被験者バイト、ってやつで。(もちろん、小保方さんとは無関係ですよ!)

「広告を目にした時の脳の反応を調べる」ための実験で、脳波データ取るためにMRIにかけられました。
狭い円筒型のカプセルに入り、横たわって、真っ暗な中でモニターに次々と表示される画像を見るんです。
ただひたすら、それだけ。
そうやって見てる間に、被験者の脳のどの部分が反応してるのか、等を調べるそうです。

実験が終了した後、記念にということで、なぜか脳内スキャン結果を研究員さんがプリントしてくれました。
ということで、これが私の脳の中身です! じゃーーん!!
(※別にグロくないですが、医療系画像は苦手という方もいるかもしれませんので、一応注意を喚起しておきます)



Cci20150325_00001



……ええと、「じゃーん」とか言った割には、だから何なんだっていう画像ですよね。
正直言ってこれを研究員さんから手渡されたとき、自分でも反応に困りました。

研究員さん「どうです、これが坂本さんの脳ですよ!」(←目がキラキラ輝いてる)
私「はあ……」
研「こんなの初めて見たでしょう?」
私「まあ、そうですね……。生物の教科書とかに載ってるのと基本変わらないっていうか、個体差ない感じですかね……」
研「そんなことないですよ」
私「ええっ、どこか異常でも?!」
研「いやいや、そういう意味じゃなくて。結構きれいな形してるんですよ、この脳……」

いかにも理系(でちょっとギーク)って感じの研究員さんだったんですけど、うっとりしながら脳画像の表面を指先でツーッ……と撫でるのは、薄暗く青白い実験室の雰囲気も相まって、下手なホラーよりも怖かったです。

もし映画だったら、完全に何かのフラグですよね、これ。

« 昭和レトログッズ | トップページ | からくり人形師アウグスト・エッシェンブルク »

猫の目沿線日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/596942/61333747

この記事へのトラックバック一覧です: 脳波実験@理研:

« 昭和レトログッズ | トップページ | からくり人形師アウグスト・エッシェンブルク »

フォト

ブログ管理人

  • 坂本葵 | Aoi SAKAMOTO

リンク

最近のトラックバック

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

アマゾン