« キャラ萌え小説としての『暖流』 | トップページ | 【まとめ】 第1章「志摩家の人々」 岸田國士『暖流』 »

2014年4月26日 (土)

芝生の上の朗読会

東京ミッドタウンの芝生広場にて、朗読会が3日連続で開催されています。
本日の回(歌人の枡野浩一さん・加藤千恵さん)に行ってきました。
(詳細は以下「本の雑誌」の記事を)
http://bookstand.webdoku.jp/news/2014/04/27/063500.html

「公園で朗読」というのは、一見、古典的でありふれた発想のように思えます。
例えば、街頭演説、辻説法、野外ライブ、大道芸……。
さて、この種の催しでは、上演中に自然と人だかりができるもの。
ところが今回の朗読会では、その点がかなり違う。

というのも、ミッドタウンの芝公園に来ているお客は、大抵がシート持参で、ピクニックを楽しんでいる人たちなのですね。
だから、いくら面白そうな朗読が始まろうと、「ホーム」であるシートから動こうとしません(笑)。
でも、わざわざ動かなくったって、朗読はスピーカーから聞こえてくる。

そういうわけで、シートの上でお弁当を食べたり、お喋りをしたり、昼寝をし「ながら」、聞いている人がほとんど。
「聴衆」とそうでない人との境界は、きわめて曖昧でした。
このゆるやかさは、街頭演説や野外ライブにおける、局所的な熱狂や、ある種の一体感とは対極にあるように思われます。

20140426_152305_2

朗読会風景は、こんな感じです。
いい意味で、ゆるやかな雰囲気が伝わる1枚を選んでみました。

歌人の枡野さんが朗読した中に、古泉智浩『夕焼け集団リンチ』のあとがきが。
「40過ぎて不妊治療を始めたが、精子の数が少なくてうまくいかず」という、暗く生々しい内容。
親子連れの多いのどかな公園の真ん中で、堂々と……。
この辺りも、凡庸な野外イベントとは一線を画していましたね。

20140426_151142_2

これが、まさに、その写真です。
枡野さんが、『夕焼け集団リンチ』(古泉智浩)のあとがきを朗読中に、小さな女の子がふらふら~と現れたところ。
(このおじちゃん、なにしてるのかなあ?)
※このあと、女の子はお母さんに呼び戻されました。

« キャラ萌え小説としての『暖流』 | トップページ | 【まとめ】 第1章「志摩家の人々」 岸田國士『暖流』 »

猫の目沿線日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/596942/61333537

この記事へのトラックバック一覧です: 芝生の上の朗読会:

« キャラ萌え小説としての『暖流』 | トップページ | 【まとめ】 第1章「志摩家の人々」 岸田國士『暖流』 »

フォト

ブログ管理人

  • 坂本葵 | Aoi SAKAMOTO

リンク

最近のトラックバック

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

アマゾン