« 新人賞をとらずに作家になる! | トップページ | 公園で新人賞の選考結果を待っていたら、鷹に遭遇した話 »

2014年2月21日 (金)

吉祥寺情報の宝庫、リブロ吉祥寺店

坂本葵です。
今回は、吉祥寺にお住まいの方や、吉祥寺好きの皆さんのための記事です。

本日発売の拙著、『吉祥寺の百日恋』。題名から分かる通り、吉祥寺が主な舞台となっている恋愛小説です。吉祥寺をはじめ、京王井の頭沿線の様々な場所が、実在・フィクションごたまぜで登場します。
吉祥寺と言えば、大型書店から個性的な古書店まで、様々な店舗がひしめき合う、本屋の街でもありますよね。物語の主人公は、吉祥寺にある架空の古書店「レムニスケート」で飼われている、美形のシャム猫なのです。

ん、面白そう? 読んでみようかな? と思った方は、ぜひ書店に足を運んでみて下さい。
「どの本屋さんに行けば置いてあるの?」 
少なくとも吉祥寺に関しては、大手書店ならばどこでも取扱いがあるようです。東急の紀伊國屋、コピスのジュンク堂、アトレのブックファースト、パルコのリブロ、サン・ロードのブックス・ルーエ、南口のブックスいずみなど。(※2月21日現在)

中には、とても工夫を凝らして拙著を置いて下さっている書店もあります。そんな本屋さんでのディスプレイに、この記事ではフォーカスしたいと思います。今日紹介するのは、リブロ吉祥寺店です。

リブロ パルコブックセンター吉祥寺店
(吉祥寺パルコB2F)
http://www.libro.jp/shop_list/2009/07/post-33.php

20140221_173615_3

エスカレーターを降りて行き、店内に入るとすぐ、「吉祥寺スタイル」という一角が目に入ります。イベントスペースのような、広々とした空間です。ここは、ガイド本・文芸などの枠を超えて、吉祥寺に関する書籍が集まっている場所。

街歩きやグルメ情報などのガイド本は定番として、ちょっと固めの人文書まで幅広く置かれています。

吉祥寺を舞台にしたもの、吉祥寺在住作家による小説・エッセイなどの「吉祥寺文学」。川上弘美『センセイの鞄』、江國香織『号泣する準備はできていた』、桐野夏生『魂萌え』など。

20140225_162927_2

武蔵野の歴史・文化」。ここはちょっと、渋めの棚ですね。

20140225_163002
丹羽門下」というのは、武蔵野市民だった丹羽文雄の主宰する同人誌、「文學者」の周辺に集まった作家のことで、吉村昭、津村節子、瀬戸内寂聴など。
(詳しく知りたい方は、川口則弘『直木賞のすべて』の中の人が運営しているサイト内、こちらのページをどうぞ)

吉祥寺周辺の出版社」。こんな特集も。吉祥寺の出版社としては、夏葉社、図書出版クレイン、そしてクラシック音楽ファンにはおなじみの、アルテスパブリッシングなどが。
20140225_163017

吉祥寺コミックワンダーランド」。これも、「在住作家」と「吉祥寺が舞台」の2種類です。在住作家としては、楳図かずお、江口寿史、西原理恵子が有名ですよね。

20140225_163629

一番左は、スタジオジブリ特集です(旧スタジオが吉祥寺にあり、ジブリゆかりの地なので)。

20140225_162822

あらためて、吉祥寺本の多さとヴァラエティに驚かされます。

あ、ちなみに、拙著はここにはありません。(書店員さんによれば、そのうち吉祥寺スタイルに移動する可能性があるかも? とのことでしたが)
では今、どこにあるかというと……。

20140221_merge_2

文芸 新刊・話題書」のコーナーです。壁(大きな柱?)一面を使って、大きく取り上げて頂いています。書店員さんに感謝。 そして、注目すべきは……。

20140221_173344

ラクロの『危険な関係』新訳と、一緒に並べられているのです!

(解説: ラクロの『危険な関係』は18世紀フランスの恋愛小説。拙著『吉祥寺の百日恋』は、その現代猫版)

いや~、もう、ラクロ先生の隣に並べてもらえるなんて、一生分の幸運を使い果たしてしまったかもしれませんわ。先生はあの世で、「誰? こいつ」とか思ってるでしょうけど。ヴァルモン子爵にメルトイユ侯爵夫人、今は21世紀になってね、君たちは猫にされてしまったのだよ……。

というわけで。人版も猫版も一度に見られる、パルコのリブロ吉祥寺店、おすすめです! 

ちなみに、新訳の情報はこちら。

ラクロ 著/桑瀬章二郎、早川文敏 訳『危険な関係』 (白水社、2014年1月)
http://www.hakusuisha.co.jp/detail/index.php?pro_id=09905

« 新人賞をとらずに作家になる! | トップページ | 公園で新人賞の選考結果を待っていたら、鷹に遭遇した話 »

猫の目沿線日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/596942/59176313

この記事へのトラックバック一覧です: 吉祥寺情報の宝庫、リブロ吉祥寺店:

« 新人賞をとらずに作家になる! | トップページ | 公園で新人賞の選考結果を待っていたら、鷹に遭遇した話 »

フォト

ブログ管理人

  • 坂本葵 | Aoi SAKAMOTO

リンク

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アマゾン