« 公園で新人賞の選考結果を待っていたら、鷹に遭遇した話 | トップページ | 日本ファンタジーノベル大賞 創設時の対談 (安野光雅×高橋源一郎) »

2014年2月27日 (木)

P-BC吉祥寺店: アートと猫

前回に引き続き、吉祥寺パルコ内の書店、P-BCの紹介。
今回は、<アート>と<猫>の視点から。

私が初めてリブロ系の書店へ入ったのは、中学時代の修学旅行で東京に来たときのことで、渋谷のパルコ地下でした。P-BCも洋書専門のロゴスも、田舎の中学生にはくらくらするような、洗練空間でしたね。リウスのチェ・ゲバラ漫画(原題:「ABChe」)などを買ったせいで、その日はお昼ごはんにも事欠きました(笑)

20140227_01

まあ、それはともかく、本日吉祥寺P-BCで購入したのは、ヒグチユウコさんの初画集です!
帯にある通り、ダークファンタジー系の作風で、前から気になっていました。
例えば、ワンピース姿の猫の幼女に、「どじょう飼ってもいい?」と金魚が尋ねている絵、とか(※この金魚は、二足歩行です)。
そういう動物系不条理の力で、ヒグチ猫やヒグチうさぎが、ヒトの心を鷲掴みにします。

20140227_02

さて巻末に、「作品のできるまで」という25段階の作画風景が、説明・写真つきで載っているんですけど、これがある意味で一番の驚愕でした。

何しろ……ペン画なのに、下絵がない!!

緻密で繊細なペン画なので、さぞ慎重に構想を練ってから、下書きも念入りにかと思いきや、下絵のプロセスはほとんどなし。和紙(←この素材も意外なんですが)に、鉛筆で簡単なアタリをつけただけで、即ペン入れに突入。というか、いきなり猫の瞳から、細部をバッチリ描いていきます。
(※美術学校でこれをやると、真っ先に先生から注意されます。ただし、天才を除く)

ペンだけで描き進めつつ、本能の赴くままに、謎のキノコや魚などの異生物を付け足したり、背景を描き足したり、というスタイルのようですね。※美術学校でこれを(以下略)

何と言いますか、例の有名な「ボブの絵画教室」を思い出してしまいました。
ボブ「ね、簡単でしょう?」

ちなみに私、NHK-BSでの「ボブの絵画教室」を、子供の頃リアルタイムに観ていた世代でございます。「おや? この木、一人で寂しそうですね~。隣にお友達を増やしてあげましょう♪」と言う数秒の間に、リアルな木や湖や山が、あれよあれよと増殖してゆく、あの魔法使いのボブさんです。

これがその、問題のページ(?)です。ね、右側、気になるでしょう?
『ヒグチユウコ作品集』(グラフィック社、2013年)
20140227_03


なお、P-BC店内には、猫雑貨のコーナーもあります。パペットが人気だそうですが、私の目は猫のおしりたちに釘付けです。それでは、今日はこの辺りで~。

20140227_06


リブロ パルコブックセンター吉祥寺店
(吉祥寺パルコB2F)
http://www.libro.jp/shop_list/2009/07/post-33.php

« 公園で新人賞の選考結果を待っていたら、鷹に遭遇した話 | トップページ | 日本ファンタジーノベル大賞 創設時の対談 (安野光雅×高橋源一郎) »

猫の目沿線日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/596942/59204794

この記事へのトラックバック一覧です: P-BC吉祥寺店: アートと猫:

« 公園で新人賞の選考結果を待っていたら、鷹に遭遇した話 | トップページ | 日本ファンタジーノベル大賞 創設時の対談 (安野光雅×高橋源一郎) »

フォト

ブログ管理人

  • 坂本葵 | Aoi SAKAMOTO

リンク

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アマゾン